ピラティスとストレッチとその効果

大阪府高槻市在住の愛奈です。高槻ってやたら小学校が多くないですか?本当に少子化なんですかね?(笑)

ピラティスの効果ですが、姿勢の改善に効果的、動きの改善に効果的、柔軟性の向上などがあげられます。ピラティスってリハビリからきているのでストレッチ系に良いんですよね。

例えば、動的ストレッチ。これは、ウォーミングアップとして腕や足などを曲げ伸ばしするのです。ダイナミックストレッチとも呼ばれて身体の様々な部分をリズミカルに動かすことが特徴。関節や周辺の筋肉をほぐして身体を温めます。心拍数を上げて筋肉の温度を上昇させます。筋肉に刺激を与えることができるので、これからおこなう運動のパフォーマンスを上げるにも効果的です。

あとは静的ストレッチ。これは身体を伸ばして、そのままキープすることです。身体に溜まった老廃物を排出するにも静的ストレッチが効果的。ピラティスやヨガにも似ていて、心身をリラックスさせる効果もあります。身体をやわらかく保ちたいという人は静的ストレッチを習慣にするといいでしょう。

ストレッチはその動きだけでなく、効果にも種類によって違いがあります。ピラティスはボディコントロールを重視したエクササイズです。ストレッチしながら骨格や筋肉に意識を向けることが目的。意識を向けることでゆがみを矯正し健康的な身体をつくる機能的なエクササイズなので、本当に身体に良いそうです!

高槻でピラティスするとしたらどこなんでしょうね?

ピラティスの呼吸法

ピラティスとヨガの違いの一つは呼吸法です。ヨガの呼吸法はリラックス効果も目的としてる為、腹式呼吸と言われる息を吸う時にお腹を風船のように膨らませ深く吸い、吐くときにポンプのようにお腹を凹ませながらゆっくりと吐きます。この時、吐くのは15秒くらいでゆっくりと吐ききります。そして吸う時は吐ききったとき自然に取り込まれた空気を吸います。意識して吸わなくても自然に空気は入ってくるのでこの空気をまたゆっくりと吐くんです。このことで身体にしっかり酸素を取り入れるのでリラックスができます。

対してピラティスの呼吸法は胸式呼吸です。これは普段何気なくしてる方を上下に揺らしながらする呼吸の事で、肺に空気を取り込む呼吸法です。この呼吸法の特徴は身体を活性化させる効果があります。腹式呼吸の逆です。このことで体を活性化させてエネルギーにします。

ピラティスの効果は代謝を上げてくれるので脂肪を燃やしやすくしてくれるんです。その為、食事制限とかをそこまでしなくても太りにくくなるわけですね。こうやって調べてるとどんなダイエットよりもよく見えてきますね。食事制限をほとんどしなくていいっていうのは嬉しいです。食べるのが好きで立派なお腹になっちゃったので嬉しいです。興味が出てきました、もう少し調べてみます。

ヨガと少し違うのがピラティス

大阪府高槻市出身の愛奈です。高槻でOLをやりながら日々キレイな身体を手に入れて維持する為色んなものをやってます。

くびれを作るためにコルセットとかを買って家で付けてたり、食事も栄養と時間を気にして食べるようにしてますけど、それはストレスを溜めないようにしてます。

それから最近ピラティスと始めました。最初はヨガと似てるのかなって思ってましたけど、少し違うみたいで、ピラティスでは呼吸がかなり大事らしいです。

まぁそれだけだとヨガに似てるんですけど、一番の違いはヨガはゆっくり身体を動かして、ポーズをとっていきますけど、ピラティスではリハビリから生まれた物なのでマシンを使って身体を動かしていって、骨盤のゆがみとか身体のバランスを整えるのが目的です。

その為ヨガのようなポーズをキープすっていうことはありません。マットを使った基礎の動きはしますけどね(笑)

なのでダイエットにはもちろんいいですけど、それ以上に身体を最大限使って動くのですっきりしますよ。歪んだ身体をしっかりと元の位置に戻してあげればダイエットをするにしても身体をうまく使えるのでその効果も大きくなるってわけですね。

もちろんヨガもやってます。ヨガは身体がゆっくり伸ばされるのですごく気持ちいいですからね!